ページ先頭へ戻る

悪徳出会い系サイトに騙されない方法

悪徳出会い系サイトに騙されない方法

出会い系サイトを使う時に一番心配なのが
「悪徳業者に騙されるのではないか?」
ということだと思います。

 

これは優良出会い系サイトであっても
やはりその可能性はゼロではないのです。

 

確かに年々法律も監査なども厳しくなり、
悪徳業者は減っては来ているのでしょうが、
悪徳業者は健全な人を騙すことを何とも思っていませんから、
どんどんその分手口が巧妙かつ判別しづらくなってきています。

 

でも、悪徳業者の手口を事前に知っていれば、
騙される心配を軽減できますし、
実際に手口に遭遇した時にトラブルになる前に
サイトのサポートや消費者センターなどへ
相談対策をすることができます。

 

ここでは出会い系サイトでよくありがちな
悪徳業者の手口やそれを防ぐ対策などをまとめてみました。

 

特に初心者の方は十分にこちらを読んでから、
出会い系サイトの利用を初めて欲しいと思います。

 

出会い系サイトにはびこる悪質な業者の見抜き方

 

 

出会い系サイトには普通のユーザーのふりをして、
悪徳商法やぼったくりのような行為をしてくる業者がいます。

 

特に男をターゲットとした業者が多いですね。

 

ただその業者の手口などの特徴が分かれば
対策もできますので、出会い系サイト特有の
悪質な業者について触れます。

 

1.悪徳出会い系サイトへの勧誘業者

 

女性のふりをして
「こっちにもっと写真載せています→http://×××.com」
といったエロ写真プロフィールでいかにも怪しい感じで
別のサイトのURLを送りつけてくる場合、
間違いなく他の悪質な出会い系サイトへの勧誘業者です。

 

 

騙されてこのURL先のサイトへ登録してしまうと、
個人情報を悪用されてしまったり、
架空の不正請求などを送りつけてくる可能性が高いです。

 

こういったのを見つけた場合は
すぐにも優良出会い系サイトの運営サポートへ連絡し、
対応してもらうのが一番良いです。

 

だいたい相手のユーザー(悪徳業者)を利用停止にしてもらえます。

 

もし、登録してしまったとしても、
向こうからの要求は全て無視すればいいのですが、
あまりにひどい場合は、サポートへ相談するのも手です。

 

何にしても最初から相手にしないことですね。

 

 

2.風俗系の業者

 

 

出会い系サイトによくいる違法な売春あっせん業者。

 

普通のユーザーになりすまして、積極的に出会おうとしますが、
プロフィールの激カワな写真とは違う女性が出てくることが大半で、
違法風俗や援助交際の可能性が大の危険度MAXなケースです。

 

こういったなりすましの傾向としては
プロフィールの写真がエロいものであったり、
プロフィールにスリーサイズが書いてあるなど、
一般の女性ユーザーだったら普通しないだろ、という
書き方をしているので、すぐに分かると思います。
(とはいえ騙される男性もいるかもしれないので要注意)

 

他にもアダルト掲示板に書き込んでいたり、
お金の話をしてすぐに会いたがったり、
風俗店の並ぶ界隈で待ち合わせようとしたり、
明らかに風俗系に誘う様子がうかがえますので、
そんなユーザーには関わらないようにしましょう。

 

なお、最近はスマホが普及していて
女性ユーザーの大半はスマホで出会い系サイトを利用します。

 

優良出会い系サイトではどの端末(パソコンかスマホか)で
登録されているかが分かるのですが、
こういった業者はパソコンで仕事として
出会い系サイトを利用しているので、
こういったところも1つの判断材料になると思います。

 

 

3.悪徳商法業者

 

ネズミ講のような怪しいビジネスに勧誘してきたり、
不動産や宝石などを売りつける業者もいます。

 

真っ当に商売をしているのであれば、
何も出会い系サイトなんて利用しなくてもいいわけですから
明らかに悪徳商法だと思っていいでしょう。

 

 

女性側も普通の女性ユーザーのようにしているので、
最初から見分けるのはかなり難しいかもしれません。
メールなどの中で少しでも怪しいと思ったのであれば、
出会うのはやめておいた方がいいでしょう。

 

もし間違って出会ってしまったとしても、
儲け話が始まるようであれば悪徳業者の可能性が高いので、
すぐにやり取りを裁ち切り、
騙されて高額な商品を買わされないようにしましょう。

 

 

4.個人情報収集業者

 

出会い系サイトを通じてメールアドレス、
電話番号、LINE IDなどを収集して、
個人情報を他の悪徳業者へ販売する業者です。

 

女性とLINE IDを交換したり、
直接電話でのやり取りができるようになるのは、
双方がある程度出会い系サイト内で仲良くなってからです。

 

特に女性の場合、
個人の情報を教えるのは危険もともなう話なので、
リアルでも出会い系サイトにおいても同じです。

 

にも関わらず女性の方からLINE IDや電話番号などで
直接のやり取りを要求してくるというのは怪しさ満点です。

 

明らかに急いで情報を聞き出そうとしているのは
こういった個人情報収集業者の可能性が高いので注意が必要です。

 

そういった相手を見つけたら
やり取りをやめて、サポートの方へ連絡をしましょう。

 

「サクラ」って何?サクラの手口やサクラを見破るすべ

 

 

出会い系サイトの情報を見ていると必ず出てくるのが
『サクラ』というキーワード

 

サクラって一体何のことを言うのでしょうか?

 

サクラとは何か

 

一言で出会い系サイトで言われるサクラというのは、
「出会い系サイトが賑わっているかのようにするために
運営側が用意した女性のこと」
を指します。

 

よく一般的にもイベントやショーなどでも
イベント運営側が用意したアルバイトなどを
一般客に混ざらせてイベントに参加させて、
賑々しくさせるということがあります。

 

それと同じような感じだと思えば良いです。

 

出会い系サイトを利用する人としては
「自分の目的にマッチした人に出会えるかどうか」
が大事であり、
あまりに会員数が少ないと
出会える確率が低くなるので当然敬遠されがちです。

 

そういったリスクを避けるために
わざと運営サイト側が仕込んで会員数をあげて
いかにもその出会い系サイトが賑わっているように
見せたりするわけです。

 

出会い系サイトの傾向として
どうしても男性会員が多くなって
女性会員が少ない状況になりがちです。

 

そこで運営サイトの方で女性会員を用意して、
男女比が均等に近いように見せ、
さも出会える確率が高いサイトのように見せる
ということです。

 

 

サクラはどの出会い系サイトが多いのか

 

サクラがどのくらいの人数
出会い系サイトに存在しているかどうかというのは、
これは数えることは難しい問題です。

 

どの出会い系サイトでも
信用に関わることですから、
「サクラが○○人います」
なんてことは言いませんし、
ひとりひとりに尋問するわけにも行きませんからね。

 

ただ、単純なサクラであった場合、
冷やかしに近い形になって
出会いの目的が達成できないだけでまだいいのですが、
これが悪徳業者によるサクラとなると
より大きなトラブルのもとになります。

 

 

ただ最近は『キャッシュバッカー』
と呼ばれる人たちが台頭してきており、
サクラと呼ばれる人は少なくなっているといいます。

 

キャッシュバッカーというのは、
男性会員とメールの送受信をするとポイントが貯まり、
そのポイントを一定数集めると現金に換えられる
という女性会員だけが利用可能な権利です。

 

サイトごとで内容は違っていますが、
ようはこのポイント狙いの女性を
『キャッシュバッカー』というのです。

 

厳密にサクラではないのですが、
男性会員からすれば、
真っ当に出会いを求めているにも関わらず
女性会員の方はポイント目当てになるので、
よい出会いにはなりません。

 

このキャッシュバッカーが増えれば、
サイト運営側としても
わざわざサクラを雇う必要もないわけですから、
その分サクラが減っている、と推測はできますが、
どちらにしてもやっかいな存在には違いありません。

 

 

サクラの手口はどんななの?

 

サクラがターゲットにするのはやはり
出会い系サイトの初心者です。

 

初心者だとどういった女性(男性もあり得ます)がサクラなのか、
そういった経験値が少ないため、
サクラにかかる可能性が高いのです。

 

出会い系サイト初心者だと
まだ本格的に出会えたこともないため、
サクラの方から気があるようなメールを送ると
それだけでも舞い上がってしまい、
まんまとサクラに引っかかってしまう
ということです。

 

特に初心者に気をつけて欲しい手口が
「やり取りを長引かせてポイントを使わせる」
というものです。

 

出会ってもいないうちから
どんどんメールのやり取りが頻繁になり、
ポイントがなくなってこちらがやり取りを控えようとすると、
あえて会いたいような雰囲気を出してきたりします。

 

こういった場合は
サクラの可能性が高いですので注意した方がいいでしょう。

 

 

サクラの見分け方

 

 

重要になるのは「サクラ」の見分け方です。

 

まずサクラの目的は
「出会い系サイトへ男性会員を誘導する」ことなわけですから、
“美人、カワイイ”というのが当たり前です。

 

なのでプロフィールを見れば
美人、カワイイ写真を使っていますが、
別の人の写真であったり、
ネット上の美人の写真を無断転用していたりします。

 

もしくは写真を上手に加工して
美人ぽくみえるようにしてあったりします。

 

しかし、今ではスマホのアプリで
素人でも簡単に美人やかわいく
見栄えのいい写真に加工できるので、
一般の人でもそのようにしているので、
場合によっては見分けがつきづらいかもしません。

 

どちらにしても
出会い系サイトの女性プロフィール写真で
明らかに美人やカワイイのを全面に出している人は
ちょっとサクラかもと疑った方がいいかもしれません。

 

 

あとはメールのやり取りでも見分けることは可能です。

 

業者の見抜き方でも書いてありますが、
あまりに金銭的な話をしてきたり、
アダルト的なエロい話とかが多かったりすると
まずもってサクラか業者ユーザーと思っていいでしょう。

 

「すぐにもヤれる」
みたいな雰囲気の女性には十分注意が必要です。

 

悪徳な出会い系サイトの特徴

 

普通の出会い系サイトや優良出会い系サイトであっても
悪徳業者はいるものですが、

 

すでに出会い系サイト自体が悪徳の場合もあります。

 

そういった出会い系サイトだと、
登録した時点で他の有料の出会い系サイトに同時登録され、
迷惑メールばかりが何百通と届いてきたりします。

 

他にも女性会員がすべてサクラで
やり取りのメールだけで高額な請求をしてくるような
そういった業者もありますので、
サイトへの登録も十分注意が必要になります。

 

そういった悪徳な出会い系サイトの特徴を挙げておきます。

 

 

エッチごり押しやアダルトな感じの名前のサイト

 

出会い系サイトでアダルトな雰囲気の名前だったりして
男性会員を集めようとしているサイトは
基本的には利用しないほうがいいでしょう。

 

はっきり言ってアダルトだけのサイトで
優良と評価を受けたところはありません。

 

エッチばかりを押し出して、出会いを促すようなサイトは
確実にエッチ目的の男性ばかりをターゲットにしています。

 

当然そのようなサイトで女性会員とやり取りしても
相手はだいたいサクラのケースがほとんどで、
やり取りの間にどんどんポイントを消費してしまったり、
出会った時に高額な請求や別のものを売られたり、
ろくなことはありません。

 

また、サイト名自体がエロさ満載の場合も
アヤシいと思った方がいいでしょう。

 

 

こういった出会い系サイトで
「騙されてしまった」という被害ばかりが、
国民生活センターなどに相談されるわけです。

 

もちろん出会い系サイトを利用する目的は
利用する人によって様々ですから、
なにもセフレや一時の関係を求めても
間違っているとは言い切れません。

 

しかしそういった関係になることも
まずはお互いをよく知った上での行為である
ということを心得ておきましょう。

 

そのために大事なのは
どの出会い系サイトを利用するかではなく、
どれだけたくさんの人と出会って知り合えるか
ということです。

 

それほどアダルト色の強くない
出会い系サイトであっても、
たくさんの人と出会い交流を持っていった先に
大人の関係を持つことだってよくある話です。

 

そもそも全く出会えないとか、
相手とコミュニケーションをとっていない
というのは問題外と言えるでしょう。

 

わざわざエロさアダルト色満載で
いかにも悪徳出会い系サイトに登録して
リスクを冒す必要性はありません。

 

健全で優良な出会い系サイトから
大人の関係もイケる人を探したほうが
より安全ですし、そうならなくても
よい人間関係を築く1歩にもできるのですから
そちらを考えた方がいいと思います。

 

 

お金持ちをアピールしすぎる出会い系サイトはアヤシい

 

「お金持ちだけが集まる出会い系サイト」
というのは確かにありますが、

 

明らかにお金持ちだけがいるということを強調したサイトや
お金の援助をする人います、というようなアピールをしているサイト、
もしくは年収○○万以上限定の出会いなど

 

そういった「富裕層のみ」を強調しているようなサイトはイエローサイン。

 

おおむねこういったところは
女性ターゲットにしているサイトが多いです。

 

女性の場合この手の悪徳業者に非常に引っかかりやすいのです。

 

男性会員全員が富裕層をアピールしているのは
女性の登録を増やそうとしているところが多く、
信頼できる大手の優良出会い系サイト以外は危険です。

 

「富裕層のみに出会える」なんて言うと、
玉の輿にのれるかもーと期待が膨れていきそうですが、
悪質な場合、実は同じ出会い系サイトでも
告知する広告によってサイト名や内容を変更していたりします。

 

たとえば、女性がよく見るような雑誌への広告では
「年収1000万円以上限定の出会い系サイト」
と言っておきながら、

 

男性雑誌での広告では
「一夜限りの関係を希望している大人のアダルトサイト」
といった風に集めるターゲットを変えていたりします。

 

そんな状態では男性女性どちらともに
素晴らしい出会いなんてできるわけありませんし、
ただ高額なサービス利用料を取られて終わりです。

 

出会い系サイトでも各地方で行われる婚活サイトや
年齢制限を設けて身分証明などもしっかり行って、

 

定期的な対面が行われているようなものだったら
信憑性はあると思いますが、

 

基本的にお金持ちアピールのみをしている出会い系サイトは
十分注意しておいた方がいいでしょう。

 

 

利用料金が不明瞭で分かりづらい

 

 

これは出会い系サイトでなくても
何にどのくらいの料金が発生するのか
というのは明確になっていないのであれば
かなりアヤシいと言えます。

 

出会い系サイトの場合、
-どれだけの利用でどのくらいの料金がかかるのか?
-何を利用するとどのくらいお金が発生するのか?
というのは具体的な料金表などで
分かりやすく明記しなくてはいけません。

 

というのも、
出会い系サイト規制法案というものが制定されていますから、
料金が明確になっていない出会い系サイトはすでに違法サイトです。

 

専用のご利用料金のページや一覧にまとめていないと
法律違反になってしまうわけですから、
きちんとした優良出会い系サイトであれば、
ユーザーに対しての利用料の提示は法律上ルールなのです。

 

しかし、料金表があっても小さい文字で書いてあったり
誰もみないようなページの中盤あたりに
気がつけば分かるように書いてあるような場合もあります。

 

そういうユーザーにとって分かりづらい料金の提示は
法律をかいくぐるだけのための可能性もありますので、
そういった出会い系サイトには注意が必要でしょう。

 

どちらにしても利用料金が何にどのくらいかかるか
提示がしっかりとされないサイトは、
女性(たぶんサクラ)とのメールやり取りが何回かあるだけでも
高額な料金を請求してくるケースが多いです。

 

夢中になって相手とのやり取りを繰り返していくうちに
とんでもない金額を使ってしまっていた・・・

 

なんてこともありますので、
利用を始める前にそのサイトでは何にどのくらいの料金がかかるのか
しっかりチェックするようにしましょう。

 

 

退会できない(´д`)

 

悪徳業者の方も一度捕まえたカモを逃がすものかと、
ユーザーを退会させないようにしていたりします。

 

たとえばサイト上に退会するための項目がなかったり、
あったとしても分かりづらいところに小さく書かれていたり、

 

場合によってはメールで退会を送信しないといけない
といったように、かなり面倒なやり方になっています。

 

しかも退会の意思を伝えたとしても
退会までの手続きに非常に日数がかかってしまって、
その間も迷惑メールがひっきりなしに届いたりして
かなり酷い扱いになることもあります。

 

なので、出会い系サイトに登録する前に
きちんと退会する場合の手順を確認しておき、
いつでも簡単に退会もできることを明確にしておきましょう。

 

だいたいの優良出会い系サイトであれば、
ホームページの下の方や、マイページの各種設定などに
退会する場合の項目があります。

 

たとえばPCMAX(18禁)であればこんな感じで退会が可能です。

例:PCMAX(スマホアプリから)の場合、
1,「マイページ」をタップ
2、「各種設定コーナー」をタップ
3,各種設定コーナーの下の方「その他/使い方」タップ。
4,「退会する」とあるのでタップします。
再度退会意思の確認がありますので、先に進めば退会となります。

退会できないようなところは
ほぼ確実に悪徳出会い系サイトですので
登録はしないようにしましょう。

 

 

男性雑誌の裏にある出会い系サイト

 

 

よく男性向けの雑誌やアダルト雑誌などの裏の方に
「すぐにヤレました」「ギャルと×××できました」
なんていうエロい文句で明らかに
性的な行為を誘っている出会い系サイトの広告があります。

 

はっきり言ってあれはほぼ「悪徳出会い系サイト」です。

 

雑誌の広告として出しているので、
かなり費用もかかっているわけだし、
有名な雑誌であればちょっとした安心感もあります。

 

しかし、そこで騙されてはいけません。

 

男性のアダルト雑誌に載っているということは
基本的に「男性会員を集めている」ということになります。

 

でも、優良出会い系サイトや一般的な出会い系サイトであれば、
男性は広告なんか出さなくても集まってきます。

 

逆に女性会員がいなければ成り立たないので
女性雑誌などにクリーンなイメージで広告を出します。

 

普通、女性は性的な表現のされている出会い系サイトには
そうそう登録しません。

 

男性のアダルト雑誌などに掲載されている
出会い系サイトの広告は、

 

雑誌の中で性的欲求をかき立てられた男性が
思わず広告を見て登録するといった行為を誘発しているだけで、
登録すればちゃんとした出会いができるわけではありません。

 

そういった出会い系サイトの会員になっている女性は
基本的にはサクラで料金のぼったくりが目的ですからね。

 

冷静に考えてみれば分かるとおもうのですが、
男性で出会い系サイトに登録した被害で多いのは
こういったケースになります。

 

十分にご注意を。

 

 


初心者が失敗しない出会い系サイトの選び方 出会える優良出会い系サイト一覧 初心者出会い系サイト始め方 初心者のためのプロフ書き方 悪徳業者に騙されない方法